キャリア・起業

自分軸と女性のキャリア(前編)

2015/08/31


[R35]恋愛・キャリア・おしゃれ迷子な女性のための自分軸プロデューサーmisacoです。

昨日は、中学の同級生と会ってきました。

彼女は現在、某アパレルブランドのデザイナーであり総合プロデューサー(AKBみたいだな)なのですが、「働き方」について色々お話していました。

 

私はね。
会社員時代常々こう思って仕事していました

「女性だから、チャレンジしよう」

私が就職した2000年の頃、ほんの(笑)15年前ですが
女性の先輩方は20代で結婚して辞めていくという方がまだまだ多かったです。

30歳以上で会社に残っている方も少なかった。(内心、売れ残りと思っていました。自分が36までお嫁に行けなかった現実を知り、後に猛省。)

上司の奥様方はみな「専業主婦」でした。

だからね。

どこかで、いつもこう思っていました。

「私は会社をいつか辞める」

「会社もそれを想定している」

自分はそういう存在である。

だから

「私は、会社をやめても働ける人になろう」

そして

会社の中では

「少しでも新しい可能性を切り開けるなら、それをチャレンジするのが私の役目。例え失敗して、クビになってもいい。」

と思っていました。
(実際には、私一人の失敗で会社がどうこうなることはないですけどね・・・)

だって、

「女だから」

男性みたいに、ずっと働くわけではないから
出世街道を目指すこともない。

出世を目指すなら、
チャレンジよりも実績を取るかもしれない。

けど、

そうじゃないなら。

せっかくなら。

「チャレンジ」で会社に貢献し

自分自身の人生に活かしたい。

と思っていました。

これ、社会人3年目で前職に転職した頃から思っていたこと。
(別に男性がチャレンジしてないとか思ってるわけではないですよ。念のため!基本的に男性は私より圧倒的に強い責任感と重い重圧の中で働いているものだと思っていました。)

兎にも角にも。
私は「女だから」という視点で働き方を考えていました。

でも、時がたち
2015年。

もはや、ワーキングマザーが巷には溢れ。
女性の管理職比率も少ないとはいえ、確実に上がってきています。

なんてことでしょう・・・

とは、思っていませんが。

でも、やっぱり。
女性は男性とは違う働き方が必要であることは変わらないと思っています。

それは、
結婚や出産によって

旦那様を軸に家庭が回る
子供を軸に自分が動く

という、

ある意味想定外(=いつそうなるのか自分一人では決められない)の
「自分軸」ではない「他人軸」で人生を生きることを
余儀なくされる可能性が高いからです。

(もちろん、そうでない方もいらっしゃると思いますが)

じゃあ。女性にとっての「自分軸」ってなんなのよ!!

ですよね。

長くなったので、続きはまた書きます。


Facebook友だち申請・フォロー受付中です。
(メッセージ付でお願いします♪「アメブロを見て」とか書いてもらえるとうれしいです。)










友だち追加

-キャリア・起業