Strengths & Identity

strengths01
強みって何?
なぜ強みを知ることが大切なの?

「強み」とは他の人には難しくても、本人にとっては当たり前に「できてしまうこと」です。
自分の持つ「強み」を知ることで、それを活かすことができるようになります。
私たちは「自分に足りないもの」に意識が行きがちです。それに対して「強み」を知り、生かす人は「自分軸」を持っており、強みを磨き、伸ばすことで常にプラスの世界にいます。何かをするために「ストレス」がないのが特徴です。

強みって何?なぜ、強みを知ることが大切なのか強みを生かすということ
クライアントさまのご感想私らしく輝くための強み(中心軸)発掘料金表

  強みって何?

強みって何? *「できてしまうこと」です=何も考えなくても当たり前のように出来てしまいます。
逆に、「弱み」はどんなに頑張っても人並み以下の成果しか出すことが出来ないことです。
*また、「能力」は後天的に出来るようになったことであり、「強み」とは違います。
「才能」は能力の一部です。(努力、練習、訓練によって他の人よりもはるかに伸びる高い能力を指します。

  なぜ、強みを知ることが大切なのか

なぜ、強みを知ることが大切なのかコマも軸がしっかりないとまわれません

(1)自分自身の強みの特性を知らなければ、生かすことができないから
(2)自分が持つ強みを生かすように行動しなければ、成果を得ることが難しいから
(3)自分の持つ強みをを知らなければ、「正しい妥協」(=強みを生かすための妥協)ができないから

  強みを生かすということ

強みを生かすということ私たちは自分にないものに意識が行きがちです。
仕事でいえば、「足りない能力」。そして、それを埋めるために、努力して資格を取ったり成果を積み重ねることに夢中になってしまいます。また、自分に足りないところを見ている人は、他者の意見や強いものに流されてしまいがちです。

一方「強み」を生かしている人は、資格や努力の積み重ねではなく、元々自分が優れている部分に目を向けています。そして、強みを最大化するための行動をとっています。

前者と後者の大きな違いは、「自分軸」を持っているかどうか。
言うまでもなく、「強み」を生かす後者は「自分軸」を持っており、強みを磨き、伸ばすことで常にプラスの世界(すでに持っているものを伸ばしている)にいます。何かをするために「ストレス」がないのが特徴です。

「足りないもの」に注目している人は、マイナスをゼロにするための行動をしていおり、ふたつの行動は全く別のものです。
「強み」を知り、活かすことでストレスなくパフォーマンスの向上が可能になります。

  こんな方におすすめ

267"" ・ 何か始めたいが何できるかわからない
・今のままでいいか不安
・今のスキルだと心配で資格を取ることを繰り返している
・いつも人の目を気にしてしまう
・人の発言でココロが揺れてしまう
・私らしいって、一体なに?ってわからなくなってる
・自分に自信を付けたい方
・人生をラクに生きたい方
・「強み」の活かし方を具体的に知りたい
など…

  クライアントさまのご感想

強みを生かすためのカウンセリング?
強みの中で生きている人にも悩みはある・・・
弱みを踏まえた上で強みを認識すること
自己肯定感が飛躍的にUPしました
同じ結果を出すにも強みを活かしたやり方がある
同じ結果を出すにも強みを活かしたやり方がある
強みって…なるほど!
目からウロコなことばかり…様々なシーンで活用できそうです
すごく的確で、とてもおもしろかったです
ひとつの事象も見方を変えると異なった意味を持つことを改めて認識しました
表面上の成果の裏には沢山の【強み】が隠されているんです
笑顔が素敵で心を許せると感じました

私らしく輝くための強み(中心軸)発掘 基本料金

~1h 8,000yen
*飲食代別途  *渋谷近郊カフェ・ラウンジ等 *オンライン(Zoom等)、2名以上でのグループセッションも可能です。お気軽にご相談ください。
→ ブログ内プラン詳細ページも御覧ください