ココロ・マインド 起業がうまく人・いかない人 自己成長を加速させる方法

「自分の人生を生きていない人」がやりがちな物事の捉え方


こんにちは。

好きなことをビジネスに変えて自由に生きる
「ビジネスデザインLab」主宰 櫻井美沙子です。
 
 
突然の度アップ失礼します。笑
先日、プロフィール写真の撮影に行ってきたのですが
その時に撮影用のメイクを施された私です。
 
メイクの力すごいですよね。
 
濃ゆい!!
 
実物はもっとすごかったです。笑
 
 
撮影したプロフィール写真は今後色々なところで使う予定です〜。
ぜひお目にかかれますように。
 
 
さて、先日からこんなご紹介をしています。
 
==========================
 
「自分軸」「強み」…というか
「自分らしさ」を活かしてステップアップしたい方へ

起業に限らず、
「人生のステップアップをする"私らしい”方法」

今、改めて考えたいという方のための
コーチングセッション♡

ご興味ある方は、LINE@(IDは @line335 )から
「ステップアップ・コーチング興味あり」とご連絡ください。
直接ご連絡し、場合によっては
モニターセッションを数枠ご案内させていただきます。
 
===========================
モニター的なこと、LINEで連絡をいただいた方に少しずつ始めています。
(順次ご案内中です!)
 
 
そんな中で
今日はこんなことについて書いてみたいと思います。
 
━━━━━━━━━━━━━━━ 
「自分の人生を生きていない人」がやりがちな物事の捉え方
━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
さて、最近の私のテーマは
この
全ての女性に「私らしくステップアップ」してもらいたい。ということなのですが
 
この「私らしさ」というのはなかなか「これ!」という風には言えないですよね。
もちろん、人によっても違うし。
 
でも、「私らしく生きる」ということは
「自分の人生を生きている」という風に言うこともできるかなと思います。
 
 
この2年半、たくさんの女性の現状や夢についてお話をさせていただく機会があったので
よくわかるのですが
 
「自分の人生を生きられていない」
と感じている女性がとても多いです。
 
 
「妻」や「母」と言う役割が優先されることもその1つの要因かと思います。
 
 
「自分の人生を生きていない」状態というのは
とても苦しいですね。
 
 
「自分はこうあるべき」という枠に閉じ込められているかもしれません。
 
 
でもね。実は
「自分」の人生を生きるということは
すごく責任が求められることで
それはそれで大変なんですよね。
 
 
中には実は、心の底では
「誰か」の人生を生きること
を望んでいるという方もいるように思います。
 
 
 
夫がこうだから
子供がこうだから
社会がこうだから
 
私は〇〇できない
 
苦しいようで、
「誰かのせいにして生きること」
で、自分の責任から逃れている。
とも言えると思います。
 
 
ただ、ご家族の話はご家族にしかわからない事情もあるでしょうから
そこはさておき。
 
 
先日、誰かと話していて
「あぁ、自分の人生を生きている人と生きていない人の違いはここにも現れるな」
と気づいたことがあったので
その話をシェアしますね。
 
 
 
1つ目は
 
着物の「着付け」のお話をしていた時のこと。
 
 
私、着付けは某有名な「日本和装」(もはや某じゃない!笑)
 
で習ったんです。
 
CMをたくさんやっているので知っている方も多いかと思いますが
「日本和装」さんは、なんと!無料で着付けの基本を教えてくれるんですよ。
すごいですよね。
 
で、その話をした時にこう言われたんです。
 
 
 
「でも、あそこってすごい着物とか売りつけられるんでしょ?」
「しかも、そのあと結局高額な講座行かなきゃいけない的なのあるんでしょ?」
 
 
ほうほう。
なるほど。
 
確かに、遠足的に「帯メーカー」さんや「着物屋さん」を訪問して
帯や着物を見せていただいたことはありましたし
 
無料講習の最後の方では、
きちんとした有料の講座の案内もされました。
 
 
で、
私の返事は
 
 
「うん。あったよ!すごい素敵な帯や着物見せてもらった〜」
「けど、私はアンティーク着物にハマってて、必要ないから買わなかった」
「着付けも簡単な普段着しか着ないつもりだったから、有料講座は必要なかったから行かなかったよ」
 
 
確かに帯や着物を買っている人はいましたし
有料の講座に進んだ人もいました。
 
 
でも、それって「買わされる」とか「行かされる」ってことなのかな??
 
 
私の考えはこうです。
 
 
そもそも無料で着付けの基本を教えてくれるなんてすごい!!
 
でも、それじゃあビジネスは成り立たないだろうから
提携店に斡旋してマージンもらったり、有料講座を案内するのは当たり前。
 
彼らは一人でも多くの人に「着物」や「着付け」の面白さを
知ってもらいたい。と思っていて
もっと着物が欲しい、もっと学びたいという人を
無料講座に来た人の中から探しているんだろう。
 
それは、街頭で人に声をかけるよりずっと効率的だし
「着物」や「着付け」に興味のある人が
自主的に集まってくれる仕組みを構築したんだな。
 
その上で、興味のある人の中でも、必要と感じた人が買うのだから
すごく効率的な素敵な仕組みだわ〜。
 
 
こんな風に思っていました。
(かなりビジネス目線なところもありますが。笑)
 
 
だから
 
「売りつけられる」とか「有料講座を案内するなんて!」
という人は
どういうスタンスでそういう言葉を発しているのか
私には皆目見当がつきませんが。笑
 
 
マジ、自分というものがない人だな。
 
と思ってしまいます。
 
 
「買う」「買わない」
「入る」「入らない」
は自由なんですよ。
 
 
「必要」か「必要でないか」
自分で選べていないだけなのに
それを人のせいにするなんて
 
 
「私は自分で自分の人生コントロールできてません」
と、みんなに言っているようなものです。
 
 
別にビジネスの仕組みがわかるわからないなんてどっちでもいいんです。
 
そもそも
 
「勧められた」=「悪」
と言う考えがナンセンス。
 
 
自分で自分必要なものをジャッジする力がないことを人のせいにしないで欲しいです。
 
 
もちろん、「押しに弱い」と言う人もいるかと思います。
 
でも、「押しに弱い」と認識したら
そう言うところには行かない。
 
もしうっかり行ってしまったら、受け入れる。
(「またやっちゃった。私ったら、ホント押しに弱いわ〜。テヘペロ」的な感じです。)

 

それしかないです。

 

とにかく全て自己責任です。

 

 
 
 
そしてもう1つ。
こんな事例も。
 
マッチングアプリの話なのですが(笑)
 
 
最近、私の周りでマッチングアプリを使っている人が多いのですが
その話をしていた時にこう聞いた子がいました。
 
「それって結構遊び目的の男性が多いんじゃないの?」
 
 
ほうほう。
なるほど。
 
確かにそうかもですね。
 
 
 
 
その上で、
私の考えはこう。
 
 
 
遊ぶつもりの男が、必ず全ての女性と遊ぶとは限らない。
意外と向こうが本気になるかもしれないし。
 
逆に、本気で結婚相手を探している男性と出逢って
自分もその気になって、付き合ってみたら
結果的に 「やっぱ違うかも」とか言われて
1ヶ月で振られたり音信不通になるかもしれない。
 
遊び目的が多いのは事実かもしれないけど、
結局は自分と相手の問題じゃない?
 
「自分」をしっかり持っていれば
結果がどうであれ
前に進めると思います。
 
それをアプリのせいにしたりするのはどうなの?
と思います。
 
 
そんなこと言ったら
 
ディズニーランドに行ったら別れる
井の頭公園でボートに乗ったら別れる
で、別れたら
ディズニーランドや井の頭公園のせいにしますか???笑
って話にまで飛躍してしまいます。
 
 
 
この2つのエピソードは
「自分らしく生きたい」けど生きられていない
と言う方全員に当てはまることではないかと思いますが
 
これに当てはまる方は
確実に「自分の人生を生きられていない」はず。
 
 
ぜひ、
 
物事の捉え方を少し変えてみたらいいと思います。
 
「自分が選んでいる」
「自分は選べる」
 
そう意識してみてください。
 
 
 
 
ではでは〜。
また書きますね。
 









友だち追加

-ココロ・マインド, 起業がうまく人・いかない人, 自己成長を加速させる方法