起業がうまく人・いかない人 起業を決める前に 自己成長を加速させる方法

すごい頑張っていても成功しない人っていますか?


櫻井美沙子です。
 
 
さて、今日はLINE@からいただいたこんな質問に回答していきますね。
 
┏━━━━━━━━━━━━━━━ 
すごい頑張っていても成功しない人っていますか?
┗━━━━━━━━━━━━━━━ 
 
さて、この質問です。
 
「成功」の定義もいろいろだと思いますが
ここでは、「ひとり起業家としての成功」つまり
「売上」をあげ、
「理想のライフスタイル」を手に入れる
ということにしておきますね。
 
 

その上で、

 
「すごい頑張っている人」が成功しないことがあるか?
 
ですが
 
 
基本的には
ひとり起業の世界では「頑張れば」成功しやすい
というのが
私がこの数年周りを見ていて思うことです。
 
 
一方で
 
 
「すごい頑張って」いるのに「成功しない」で終わる人(消えて行く人)がいるのも事実です。
では、
「成功しない人」というのは
どういう人なのか??
 
 
大きく3つに分かれると思います。
 
 
まず1つ目は
 
===============
客観的視点が足りない
===============
私は自己流では絶対に成功しない。とは思っていません。
コンサルを受けなくても
起業塾に行かなくても
成功する人はいます。
 
 
けれども、やっぱり
間違った方法を永遠と繰り返していても
なかなか結果が出ないのは確かです。
 
間違った方法というか
「足りていない」という言い方が正しいかもしれません。
 
ひとりでやっていると
どうしても
自分自身のことが客観的に見えませんので
ビジネスを継続して行くことが難しいです。
 
 
 
事実、私の周囲で「ひとり起業」で結果を出している方々
過去、現在に至る偉大な経営者の方々には
 
どういう形であれ
メンターやアドバイザー、コンサルタントと呼ばれる人がいます。
 
 
自分の背中は自分では見えません。
 
 
自分ひとりで何とかしようとしていると
なかなか「成功」が難しいのがビジネスの事実です。
 
 
 
そしてもう1つ。
メンターやコンサルなどがいても成功しない人
というのがいます。
 
それはなぜか?
 
===============
成功する前にやめてしまう
===============

ということがその大きな要因です。

 
 
というのも、
「正しい方法」や「正しい順序」を実践しているつもりでも
スピード感があっても
行動量があっても
 
最初のやり方で
そのビジネスが「うまく行くか」というのは
100%確実なことではありません。
 
それがビジネスです。
 
ひとり起業に限らず
様々な要因でビジネスの成功は成り立っていますので
原因はいろいろです。
 
 
で、この
「スタートダッシュ」で
お客様の反応がなかったり
思うように売上が上がらなかったりした時に
 
心が折れてしまう。という人が少なからずいます。
 
 
でも、そもそもですが
ビジネスは常に改良改善なのです。
 
ですから、「うまく行かない」という現実は
「うまく行く方法を考える」というきっかけに過ぎず
 
「じゃあ、次はどんな方法にトライしよう」
「どこを改善しよう」
というフェーズにいるだけ。
 
 
それなのに
 
1回試してダメだったからと、息切れして
自信をなくして辞めてしまうと・・・
 
「成功しない人」になってしまいます。
 
 
「正しい方法」というのは
「完璧な1つの道筋」を指すわけではありません。
いくつもの方法を取捨選択してトライ&エラーを繰り返すことも含まれます。
 
そして、ひとりでやる「トライアンドエラー」と
他者目線があるトライアンドエラーはクオリティが違います。
 
ですから3つ目のタイプとして
================ 
失敗から学べない
================ 
と言えるかなと思います。
 
 
 
 
まとめます!
 
「すごい頑張っていても成功しない人っていますか?」
のご質問の回答は。
 
「Yes」です。
 
ただし、それは
===============
・客観的な視点が足りていない
・成功する前にやめてしまっている
・失敗から学べない
===============
ということに集約できると思います!
 
 
どれもが重なり合う部分も多いです。
 
 
 
そしてこれ、実は起業だけに限らないです。
というのも、今朝私。
夢を1つ叶えたのですが
それがこれ!
 
(ノーメイクのため加工してます。笑)
開脚前屈。
この「開脚して肘をつく」という
夢の第1関門を突破しました!!
私ね。
本当に子供の頃から身体が硬くて
中学高校時代も先生にもびっくりされるくらいだったんです。
 
それでも身体柔らかいのに憧れて
30歳の頃にはバレエを習ったり(最後、無理なポーズで腰を痛めて断念)
していたのですが
 
今年に入って、
身体の衰えをすごく感じたこともあり(笑)
柔軟性は「若さ」の大切な要因ということもあり、
 
「180度開脚前屈でベターッ」てやるのがやっぱりやりたい!!
と思い立って、
2月半ば位から「開脚ストレッチ」をはじめたんです。
 
その当時の写真がこれ
この時に3週間弱続けて
そこそこできるようになったのですが
そのころに、「肋骨」を骨折してしまって。。。笑
 
それから最近まで5ヶ月間
ストレッチを一切していませんでした。
(一度辞めるとまたやるのが億劫になりますよね。笑)
 
 
でも最近になって
「やっぱり、体づくりしたい!」
「身体柔らかくなりたい!」と思い
10日ほど前からストレッチを再開しました。
 
そして、先ほどの
「肘をついて開脚」が実現したわけです。
 
 
ストレッチの情報を集めると
そこには
身体の仕組みや身体の使い方、呼吸の方法など
たくさんの情報があります。
 
正直、たくさんあり過ぎてわかりません。
最初は自己流で色々やっていましたが
微妙に身体を痛めてしまった私は
 
 

================
プロにアドバイスをもらう
================

をやってみました。
 
 
そこで、
私の身体の特徴を踏まえて
気をつけたほうがいい身体の使い方などを教えてもらいました。
 
そして、ストレッチの強化ポイントを絞ることができました。
 
 
正直、変化はすぐにはでなかったですが
 
 
けれども、ストレッチの情報に共通して書いてあるのは
================
毎日続けること
================
ということです。
 
ですから、私は
毎日コツコツ続けました。
 
 
そして、また
================ 
失敗から学んだ
================ 

ということです。

 
2月にストレッチしていた時に
いくつか痛めたところあったんです。
「1日も早く前に倒れたい!」
「もっと脚を開きたい」
そんなはやる気持ちを抑えきれず
ちょっと無理し過ぎてしまったんです。笑
 
結果、3日休まなければいけなかったり・・・
本末転倒じゃん!と思うことがありました。
 
 
なので、今回は
その「ギリギリ」いけそうなところまで頑張ることにしています。
 
でも、これは
「限界を超えた」という経験をしたからわかったことです。
 
 
そして、
その結果がこれ
 
です。
 
 
他者(プロ)からの的確なアドバイス
続けること
失敗から学ぶこと
 
 
この3つ。
 
ね?先に書いたひとり起業の時と同じですよね。
いかがですか??
 
さて。長くなりましたので今日はこの辺にしますね。
 
最後にもう1つ。
あなたが「変わりたい」と思っているのに
「変わる」ことができていないのは、
「自分軸」がないからかもしれません。
そして、この「自分軸」というものは
なかなか自分一人では見つけられません。
 
ご興味ある方はこちら読んでみてください↓
 
------------

「自分軸」「強み」…というか
「自分」を活かして
ステップアップしたい方いますか?

 

起業に限らず、
「人生のステップアップをする"私らしい”方法」

今、改めて考えたいという方のための
体験セッションを企画(妄想)中です♡

ご興味ある方は、LINE@から
「ステップアップ・セッション興味あり」とご連絡ください。
直接ご連絡し、場合によっては
モニターセッションを数枠ご案内させていただくかもです。
(ただいま、準備中です!)
 
ではでは〜。
また書きますね。
 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます (^^)

 

 










友だち追加

-起業がうまく人・いかない人, 起業を決める前に, 自己成長を加速させる方法